BIOGRAPHY

アイラヴミー

さとうみほの ボーカル&ギター

野中大司 ギター


「そのままの自分でいい」と寄り添う歌詞のチカラは、

人と比べがちな世の中で葛藤する世代の共感を呼ぶ。

“歌を聴かせること”を大切にしながらも

世界照準のグローバルサウンドはメディアでも注目され、

このサブスクリプション時代に日本を越え、海外の音楽ファンの注目も集め始めている。



2016 年結成。


2017年10月、ライブ会場限定Demo Album「アイラヴミー!」発売。初回プレス盤、再プレス盤共に完売。


2018年4月、初の流通盤Mini Album「セーブミー」発売。

大阪「HOOK UP RECORDS」の販売ランキング、2018年6月度、7月度、TOP3入り。

同年12月、bayfm「NEXT POWER ON!」レコメンド曲として「セーブミー」が選ばれる。

同時期、音楽サイト「リアルサウンド」にて"J-POPをネクストレベルへ進める新しい才能"として紹介される。


2019年2月、Spotifyの人気プレイリスト「キラキラポップ:ジャパン」のカバーに大抜擢。

程なくして、Spotifyバイラルチャート12位獲得。

同年9月テイチクエンタテインメント内「BOGUS RECORDS」より、

Mini Album「でも生きている」メジャーデビュー。パワープレイ13局獲得。

有線J-POPお問合わせランキング9月度「でも生きている」9位、10月度「社会の歯車」7位獲得。

 

2020年2月3月、NHK「みんなのうた」にて、

アイラヴミーの書き下ろしによる楽曲『答えを出すのだ』が放送される。

https://www.nhk.or.jp/minna/songs/MIN202002_02/

有線J-POPお問合わせランキング3月度5位にランクイン。

同年5月6月7月と3曲連続でリミックス音源を発表。

Moe Shopがリミキサーを務めた「セーブミー」はSpotifyにて瞬く間に25万再生を記録。

9月30日2nd Mini Album「そのまんま勇者」をリリース。

「ケンカしようぜ!」がTVK「青春音楽バラエティ 𠮷井さん~オヤジの音楽狩り~」9月度のテーマソングになる。

11月、音楽の見本市「東京国際ミュージック・マーケット」にて配信ライブ。海外からも注目を集める。


2021年1月「やすめ acoustic guitar ver.」をYouTubeにて発表。

トラックもできていなDEMO段階の音源とメンバーが作成した映像が注目を集め、

2月にそのまま音源の配信もスタート。


既存のスタイルにこだわらずに進むアイラヴミーから目が離せない。



**********



I LUV ME


Mihono Sato (Vo.& Gt)

Hirishi Nonaaka(Gt.)


It all began in 2016. 

The power in their lyrics “you’re perfect just as you are” speaks to the feelings of a conflicted generation, in a world where people constantly compare themselves to one another. 

While treasuring the privilege of playing music for all, their global sound has gained attention from the media, and even in this era of subscription services, new fans outside of Japan have begun to sit up and take notice.